体臭[男性/パパの方]

【症状とその原因】

加齢臭の原因は、40歳を過ぎると血管中にコレステロールなどの老廃物が蓄積されるのと同時に皮脂腺にも脂肪が増えノネナールというにおいの元が増えるために起こります。
年齢を重ねることで、活性酸素における抵抗力が弱くなり脂肪の過酸化を防ぐ力を弱まってしまうことや、肉類や乳製品などの動物性脂肪の摂取で身体に蓄えられた脂肪が、その酸化により体臭を発生させやすくなるなど食生活も大きな影響を及ぼします。
抗酸化作用のあるビタミンCを摂取することで活性酸素を抑制して脂肪の過酸化を防ぎましょう。加齢臭増加の原因となる肉類の摂取は控えめにしバランスのいい食生活をするようにしましょう。

摂っておきたい栄養素

ビタミンC

コラーゲンの合成や酸化を防ぐ働きがあります。
抗酸化作用があるため加齢臭のもとになる活性酸素を退治します。

▼ビタミンCが豊富な食材

赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、キウイ、いちご、柿、アセロラジュースなど

ビタミンE

抗酸化ビタミンと呼ばれるほど強力な抗酸化作用がありますので、加齢臭のもととなる活性酸素を退治します。
ビタミンCと一緒に摂るとより効果的です。

▼ビタミンEが豊富な食材

うなぎの蒲焼、サーモン、ツナ油漬け、モロヘイヤ、赤ピーマン、かぼちゃ、ごま、ひまわり油など

トップへ戻る