お酒の飲みすぎ[男性/中高年の方]

【症状とその原因】

飲みすぎの二日酔いはもちろん辛いものですが、飲酒量が多いと肝機能が低下し、脂肪肝、肝炎、肝硬変ついには肝臓がんを引き起こす可能性があります。
肝臓にいい食事としてタウリンが効果的です。
酵素の働きを助ける働きがあるので、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽く、腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能をUPさせてくれます。
アセトアルデヒドを分解する働きのあるナイアシンを摂るようにするといいでしょう。

摂っておきたい栄養素

ナイアシン

ナイアシンは体内でNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質になります。
アルコールを飲むと体内にアセトアルデヒドという物質が作り出されますが、これは頭痛や吐き気などの不快な症状の原因となる物質です。
この物質を分解する酵素もNADを補酵素としています。

▼ナイアシンが豊富な食材

たらこ、まぐろ、あじ、かつお、まかじき、鶏むね肉、まいたけ、落花生など

タウリン

肝臓の機能を高めることで知られています。
ダメージを受けた肝細胞の再生を促進し、肝臓の働きを助ける胆汁の分泌を促進します。

▼タウリンが豊富な食材

いか、たこ、貝類などの魚介類

トップへ戻る