肩こり[男性/中高年の方]

【症状とその原因】

首、肩、腰の凝りや張りを感じる主な原因は、長時間の同じ姿勢や、精神的な緊張、手・腕の疲労や目の疲労、冷えなどから筋肉の機能低下によるものがあげられます。
さらに、自律神経系が乱れたり、血管が収縮し血行が悪くなり筋肉の緊張が強まることや、筋肉へ酸素が運ばれず、酸欠状態になってしまうことで、さらに筋肉の緊張が起こり肩こりが慢性化していきます。
身体のエネルギー代謝を促進し、筋肉の疲労物質を取り除く役割のあるビタミンB1、血液をさらさらに保つ働きを持つビタミンEを含む食品を取りましょう。
冷えが原因の場合は、冷たいものはなるべく控え、常温・温かいものを食べるようにします。
ショウガの辛味成分は、腸管から吸収されると血行を促進し、カラダを温めて冷えを改善します。

摂っておきたい栄養素

ビタミンB1

糖質の代謝に不可欠なビタミンです。
不足すると乳酸などの疲労物質が体内に蓄積され疲労感が強くなります。
また、神経の機能を円滑に保つのにも役立つためイライラやストレス状態にある場合もビタミンB1の摂取は効果的です。

▼ビタミンB1が豊富な食材

豚肉、うなぎ、たらこ、牡蠣、ほたて、大豆、玄米ごはんなど

ビタミンE

抗酸化作用のあるビタミンEは抹消血管を拡張させ血流をよくする効果もあるので、女性に多く見られる血行不良から来る冷え性や生理痛、肩こりなどの不調の改善も期待されます。
また、ドロドロ血を防いで、血液をさらさらに保ち、動脈硬化や心筋梗塞などの予防にもなります。

▼ビタミンEが豊富な食材

うなぎの蒲焼、サーモン、ツナ油漬け、モロヘイヤ、赤ピーマン、かぼちゃ、ごま、ひまわり油など

トップへ戻る