眠りが浅い

【症状とその原因】

高齢者の中には深い睡眠が少なくなり夜中に目が覚めてしまう中途覚醒が増えるなど眠りが浅いと悩む方も多いと言われています。
加齢と運動量が減るとともに体の代謝量の減少、また整理する情報量の減少が原因と言われています。
昼間太陽の光を充分に受け日中に行動することや、運動代謝量を増やすために適度な運動を行い、規則正しい生活を送ることやバランスのいい食生活を送るように心がけましょう。
たんぱく質や脂肪、カルシウムを多く含む食品を食べると、脳内でも消化ホルモンが分泌されて自然と眠くなります。
また、眠気をコントロールしているメラトニンを含んでいる食べ物の摂取も心がけましょう。

摂っておきたい栄養素

カルシウム

筋肉が収縮するのに必要不可欠な働きをしています。
他にも神経伝達を正常に保つために働きストレスやいらいらにも効果的で精神を安定させるといわれています。
気持ちを落ち着かせて穏かな睡眠に誘導する作用があります。

▼カルシウムが豊富な食材

牛乳、プロセスチーズ、ヨーグルト、モロヘイヤ、わかさぎ、干しえび、丸干しいわし、ししゃもなど

トップへ戻る