めまい・立ちくらみ[女性/学生の方]

【症状とその原因】

成長期の子どもは,心身の急成長に伴いホルモンバランスや自律神経の乱れがおこりやすくなります。
そういった要因によりめまい、立ちくらみがおこり疲れやすく、だるいといった症状がおきます。
ビタミンB群は神経の働きを正常に保つ働きがありますが、強いストレスが続くと急激に消費されます。
また、ストレスが加わると、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを分泌して全身の抵抗力を高めます。
この合成に欠かせないのがビタミンCですから、普段からビタミンCをたっぷり摂ることが、ストレス対策になります。
ビタミンEも、自律神経をコントロールし、症状を緩和させる効果があります。

摂っておきたい栄養素

ビタミンB1

ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わるのをサポートするため糖質の代謝に必要不可欠です。
また、代謝の過程で乳酸などの疲労物質の処理にも関わってきます。
不足すると疲れやすくなるため、意識的に摂取することを心がけましょう。

▼ビタミンB1が豊富な食材

豚肉、うなぎ、たらこ、牡蠣、ほたて、大豆、玄米ごはんなど

ビタミンC

ストレスに対抗するホルモンの合成を促すビタミンCは、体内で様々な化学反応に関与し多様な働き機能を果たします。
水溶性で調理によって損失されやすいため果物や飲み物などからの摂取をしていくと効果的です。

▼ビタミンCが豊富な食材

赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、キウイ、いちご、柿、アセロラジュースなど

ビタミンE

ビタミンEは血管の収縮を促す神経伝達物質の生成をおさえ、毛細血管の拡張に働いています。
また、酸化をおさえ血管の老化や生活習慣病を予防する働きがあります。
ビタミンCと摂取することで抗酸化作用が上昇するため他の抗酸化成分と一緒にとるのも効果的です。

▼ビタミンEが豊富な食材

うなぎの蒲焼、サーモン、ツナ油漬け、モロヘイヤ、赤ピーマン、かぼちゃ、ごま、ひまわり油など

トップへ戻る