生理不順[女性/学生の方]

【症状とその原因】

成長期の女性が偏った栄養の食事を続けたり、無理なダイエットをすることで、子宮や卵巣そして視床下部や脳下垂体からはじまるホルモンの連絡網が育たなくなるため、初潮が極端に遅れたり、生理不順になるということがあります。
また、無月経を放置していると不妊症や早期閉経、更年期症状などの自立神経の失調になる場合も。
バランスのいい食事をしっかり取ることが大切です。
また、血流をよくするビタミンE、体を温めるビタミンB群、ホルモンバランスを整える大豆製品、生理には必要不可欠なミネラル(主に鉄分)、これらのものを積極的に摂るようにしましょう。

摂っておきたい栄養素

ビタミンE

血行を促進するビタミンです。
また、ホルモンのコントロールセンターである下垂体に働きかけ、ホルモンのアンバランスを整えます。
女性に多く見られる血行不良から来る冷え性や生理痛、肩こりなどの不調の改善も期待されます。

▼ビタミンEが豊富な食材

うなぎの蒲焼、サーモン、ツナ油漬け、モロヘイヤ、赤ピーマン、かぼちゃ、ごま、ひまわり油など

亜鉛

亜鉛・セレンなどのミネラル不足は女性ホルモンの分泌を低下させ、生理不順を引き起こす原因となります。
女性ホルモンは、子宮内膜を作り保つ働きをしますが、亜鉛が不足すると女性ホルモンの分泌量が減少し、子宮内膜は早くはがれ落ちて出血を起こし、生理不順を生じます。

▼亜鉛が豊富な食材

牡蠣、ほたて、レバー(豚)、牛肉、たらこ、納豆、ごま、玄米ごはんなど

トップへ戻る