美髪をつくる

【いい髪とは…??】

太くハリがあり、しなやかで黒々とした髪は、水分量、油分量が適度であり、髪と頭皮が清潔に保たれています。
いい髪を作る第一条件は、血液を身体のすみずみまでゆき届かせ、毛乳頭や毛母細胞に充分な栄養を運ぶことです。

美髪をつくる【美髪を作る食べ物/栄養素】

たんぱく質

髪の99%は、「ケラチン」というたんぱく質からできています。
たんぱく質には、肉類・魚介類・卵・乳製品などに含まれる「動物性たんぱく質」と、豆類・穀類などに含まれる「植物性たんぱく質」があります。
どちらもたんぱく質ですが、それを作っているアミノ酸の種類や量が異なるので、それぞれのたんぱく質を含む食品をバランスよく食べましょう。

▼たんぱく質が豊富な食材

うなぎ、まぐろ、かつお、豚もも肉、ラム肉、さば、木綿豆腐、納豆、大豆、卵など

亜鉛

新しい髪をつくるための新陳代謝に必要な栄養素が亜鉛です。
亜鉛は、髪や皮膚、骨といった、常に新陳代謝を繰り返す細胞にとって、とても重要なミネラルです。
この亜鉛が豊富に含まれているのが、貝類のかきです。
かきは亜鉛ばかりでなく、鉄、鋼、マグネシウム、ヨードなども豊富でミネラルの宝庫です。
亜鉛はきれいな髪づくりや抜け毛が気になる方には欠かせない栄養素です。

▼亜鉛が豊富な食材

牡蠣、ほたて、レバー(豚)、牛肉、たらこ、納豆、ごま、玄米ごはんなど

髪のハリ・艶を出す【髪のハリ・艶を出す食べ物/栄養素】

コンドロイチン

髪の艶のもとは、ムコ多糖体の一種であるコンドロイチンという成分です。
ムコ多糖体は、納豆やオクラ、モロヘイヤ、山いもなどのネバネバの成分で、肌のうるおいを保持や保湿の効果があります。
また肌荒れや皮膚炎などの予防や改善の効果もあり、艶のある髪をつくるのに役立ちます。

▼コンドロイチンが豊富な食材

フカヒレ、すっぽん、すじ肉、山いも、オクラ、モロヘイヤ、納豆、なめこなどのネバネバしている食品など

頭皮の新陳代謝をよくする【頭皮の新陳代謝をよくする食べ物/栄養素】

ビタミンB6

ビタミンB群の中でもビタミンB6は食品から摂ったたんぱく質をアミノ酸に分解したり、アミノ酸を原料に皮膚や髪の毛、爪などの人体のたんぱく質をつくるのを手助けします。
たんぱく質の代謝に欠かせないビタミンB6は頭皮の新陳代謝をよくすることで、健康な髪を守ることができます。

▼ビタミンB6が豊富な食材

まぐろ、かつお、さんま、いわし、鮭、鶏ささ身、赤ピーマン、バナナなど

アルカリ性食品

アルカリ性の食品は血行をよくして新陳代謝を活発にします。
これは毛根部への栄養補給につながります。
カリウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルを多く含むものを「アルカリ性食品」と呼んでいます。

▼アルカリ性食品

ひじき、わかめ、昆布など海藻類、ほうれん草・ごぼう・にんじんなどの野菜類、里芋・さつまいも・じゃがいもなどのイモ類、バナナ・メロン・グレープフルーツなどの果物類

キレイからさがす

美髪抜け毛・薄毛ぱさつき、枝毛フケ、かゆみ白髪)| 美肌肌タイプ別しみ・そばかすしわ、たるみにきび、毛穴・小鼻の黒ずみ)| 美目疲れ目、ドライアイ充血クマ)| 美体むくみ冷え)| 美爪二枚爪薄爪、そり爪ささくれ割れ、ざらざら

トップへ戻る