抜け毛・薄毛を予防する

【抜け毛・薄毛の原因は…??】

抜け毛の原因は、毛穴のつまりや頭皮の血流の悪化や頭皮が弱くなることにより起こります。
ヘア剤の使用やカラーリングのダメージ、不規則な食生活や生活サイクル、また無理なダイエットやストレスなどによるホルモンバランスの崩れから抜け毛や薄毛の原因となります。
さらに、女性にとっては気になる“髪のやせ”。
加齢もありますが、多くはストレスが原因です。
ストレスは交感神経が優位な状態をつくるため血管が収縮して、血行不良に。
頭部の毛細血管は非常に細いので、毛母細胞が酸素や栄養不足になるのです。
また、喫煙も血管を収縮させ、同じ影響を与えます。

抜け毛・薄毛を予防する【抜け毛・薄毛を予防する食べ物/栄養素】

ビタミンA

ビタミンAには、皮膚や粘膜の健康を保って免疫機能を維持したり、視力を正常に保つ働きがあります。
ビタミンAが不足すると皮膚や粘膜の細胞の代謝がうまく行われなくなります。

▼ビタミンAが豊富な食材

レバー(豚・牛・鶏)、あんこうの肝、うなぎ蒲焼、銀だら、メロ、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、春菊など

ビタミンE

抗酸化作用があるビタミンEは、過酸化脂質に変わりやすい細胞膜の酸化を抑制します。
血管を拡張して血流の流れをよくする作用があるため、血行をよくして抜け毛を防ぐことに効果的です。

▼ビタミンEが豊富な食材

うなぎの蒲焼、サーモン、ツナ油漬け、モロヘイヤ、赤ピーマン、かぼちゃ、ごま、ひまわり油など

ビタミンB6

食品から摂ったたんぱく質をアミノ酸に分解したり、アミノ酸を原料に皮膚や髪の毛、爪などの人体のたんぱく質をつくるのを手助けします。
ナイアシンとともに肌の健康を保ち、ビオチンとともに白髪や抜け毛を予防する働きもあります。
なるべく一緒に摂って体内で効率よく作用するようにしましょう。

▼ビタミンB6が豊富な食材

まぐろ、かつお、さんま、いわし、鮭、鶏ささ身、赤ピーマン、バナナなど

ビオチン

糖質、脂質、たんぱく質の代謝にかかわります。
このほかには、皮膚や髪の毛を健康に保つためにも重要な働きを担っています。
不足すると髪の毛が抜けたり、白髪になりやすかったりします。

▼ビオチンが豊富な食材

レバー(鶏・牛・豚)、卵黄、豆類、種実類、トマト、にんじん、カリフラワー など

髪のやせを予防する【髪のやせを予防する食べ物/栄養素】

ビタミンB2

髪のやせを防ぐには、細胞の再生を助け、皮膚や髪、爪などを健康で美しくしてくれるビタミンB2が効果的です。
ビタミンB2はたんぱく質の合成に関わっているため、健康な皮膚や髪の毛、爪を作ります。
ビタミンB2は別名「発育のビタミン」とよばれるほど、成長に欠かせない栄養素です。

▼ビタミンB2が豊富な食材

レバー(豚・牛・鶏)、カレイ、牛乳、納豆、魚肉ソーセージ、卵、ヨーグルト、まいたけなど

エイコサペンタエン酸(EPA)

エイコサペンタエン酸(EPA)は血栓が出来るのを予防する血液さらさら効果があり、動脈硬化の予防にも効果的です。
血行をよくして髪のやせを予防しましょう。

▼エイコサペンタエン酸(EPA)が豊富な食材

レバー(鶏)、あんこう肝、うなぎ蒲焼、にんじん、モロヘイヤ、銀だら、ほたるいか、ほうれん草等

キレイからさがす

美髪抜け毛・薄毛ぱさつき、枝毛フケ、かゆみ白髪)| 美肌肌タイプ別しみ・そばかすしわ、たるみにきび、毛穴・小鼻の黒ずみ)| 美目疲れ目、ドライアイ充血クマ)| 美体むくみ冷え)| 美爪二枚爪薄爪、そり爪ささくれ割れ、ざらざら

トップへ戻る