フケ、かゆみを予防する

【フケ、かゆみの原因は…??】

新陳代謝が活発な人はフケが多くなりがち。
フケには乾性と脂性の2つのタイプがありますが、乾性のフケは皮脂やビタミンB2不足が主な原因です。
シャンプー剤の誤った選び方や、シャンプーのしすぎ・爪を立てる・強いブラッシングなども原因に挙げられます。
脂性のフケは、皮脂分泌量の多い人に見られ、揚げ物や脂肪分の多いもの・甘い物を取り過ぎが原因でフケが毛穴をつまらせ、かゆみやベタつきがおこり、頭皮が弱り、抜け毛などが増えることも。
食生活では脂肪の摂りすぎを避け、刺激物を控え、髪を健康にするビタミンB2・B6・B12・A・Eを含む豆類・青魚・卵・緑黄色野菜などの食品を取りましょう。

フケ、かゆみを予防する【フケ、かゆみを予防する食べ物/栄養素】

ビタミンB2

たんぱく質の合成に関わっているため皮膚や毛質などの細胞の新生ひいては体の成長をサポートします。
ビタミンB2は「美容ビタミン」と呼ばれ不足すると、肌荒れや髪のトラブルが起こります。

▼ビタミンB2が豊富な食材

レバー(豚・牛・鶏)、カレイ、牛乳、納豆、魚肉ソーセージ、卵、ヨーグルト、まいたけなど

ビタミンA

皮膚や粘膜の健康を保って、免疫機能を維持する働きがあります。
ビタミンAが不足すると、皮膚や消化管、肺や気管支などの外界と接している上皮細胞(皮膚や粘膜の細胞)の代謝がうまく行われなくなります。
そのため肌がかさついたり、消化管の吸収能力が低くなったりします。

▼ビタミンAが豊富な食材

レバー(豚・牛・鶏)、あんこうの肝、うなぎ蒲焼、銀だら、メロ、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、春菊など

キレイからさがす

美髪抜け毛・薄毛ぱさつき、枝毛フケ、かゆみ白髪)| 美肌肌タイプ別しみ・そばかすしわ、たるみにきび、毛穴・小鼻の黒ずみ)| 美目疲れ目、ドライアイ充血クマ)| 美体むくみ冷え)| 美爪二枚爪薄爪、そり爪ささくれ割れ、ざらざら

トップへ戻る