美肌をつくる

【いい肌とは…??】

張りがある、みずみずしい、すべすべしている、肌トラブルがない毛穴が引き締まっている、脂っぽくない、血色がいい、透明感がある美肌。
美肌の条件は、適度な皮脂と汗です。
キメの整った美しい肌は、皮脂と汗が理想的に混ざり合い、肌を外的から守り、潤いや滑らかさを保っています。

肌をつくる【肌をつくる食べ物/栄養素】

たんぱく質

お肌の健康に関わる栄養素と言えば、まずたんぱく質。
肌はもちろん、筋肉や内臓、皮膚、髪の毛、爪、血液、骨などの構成成分になったり、酵素やホルモンなど、体の機能を調整する成分になります。
不足すると肌荒れの原因に。

▼たんぱく質が豊富な食材

うなぎ、まぐろ、かつお、豚もも肉、ラム肉、さば、木綿豆腐、納豆、大豆、卵など

ビタミンC

酸化を防ぎ、老化や動脈硬化を予防します。
またコラーゲンの生成に働き、丈夫な血管や筋肉、皮膚などの結合組織をつくります。
ビタミンCを摂取することでシミやしわを改善し、透明感とハリのある美肌をつくります。

▼ビタミンCが豊富な食材

赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、キウイ、いちご、柿、アセロラジュースなど

潤いのある、ハリのある肌になる【潤いのある、ハリのある肌になる食べ物/栄養素】

コラーゲン

アンチエイジングや美肌、肌荒れ防止の栄養素といえばコラーゲン。
コラーゲンは、細胞と細胞を結びつける接着剤のような役目をしていて、皮膚の水分を保ち、弾力を与え老化を防いでくれます。
コラーゲンは一度に大量にとっても、吸収されない分は排出されてしまうので、毎日少しずつ継続して食べることが必要です。
また、ビタミンCや鉄と一緒にとると、体内でコラーゲンを作りやすいので相乗効果を狙うことができます。

▼コラーゲンが豊富な食材

あんこう、あなご、あわび、うなぎ、えび、さば、さんま、しゃけ、ふかひれ、ふぐ、ぶり、魚のあら、牛すじ、手羽先、鶏の皮、軟骨、豚足

ビタミンA

ビタミンAには、皮膚や粘膜の健康を保って免疫機能を維持する働きがあります。
皮膚の細胞を保護し、弾力やうるおいを保ってくれます。
また皮膚の傷ついた粘膜を回復させる働きもあります。
そのためビタミンAが不足すると肌がカサカサになってしまいます。

▼ビタミンAが豊富な食材

レバー(豚・牛・鶏)、あんこうの肝、うなぎ蒲焼、銀だら、メロ、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、春菊など

つるつる肌になる【つるつる肌になる食べ物/栄養素】

ナイアシン

ナイアシンは糖質・脂質・たんぱく質の代謝を促進し、神経や脳機能の正常化、性ホルモンの合成などにも大きく関わっています。
ナイアシンは皮膚や粘膜の代謝にも関係しているので、肌荒れや口内炎、口角炎、胃炎や下痢の予防、改善に役立ちます。

▼ナイアシンが豊富な食材

たらこ、まぐろ、あじ、かつお、まかじき、鶏むね肉、まいたけ、落花生など

ビタミンB1

肌荒れは、不規則な生活やストレスなどが原因で起こることも多いのです。
ビタミンB1は皮膚のかぶれを抑え、肌荒れに悪いストレスを解消してくれます。
ビタミンB1が不足すると、糖質のエネルギー代謝が悪くなり肌荒れの原因になります。

▼ビタミンB1が豊富な食材

豚肉、うなぎ、たらこ、ハム、大豆、玄米ごはんなど

ビタミンB2

美容のビタミンと言えば、ビタミンCやEが注目されていますが、ビタミンB2も外せません。
ビタミンB2は皮膚の新陳代謝を良くするので、不足すると、肌荒れや、目の充血の元になったりします。
ビタミンB2は細胞を再生する働きのある美容ビタミンでもあります。

▼ビタミンB2が豊富な食材

レバー(豚・牛・鶏)、カレイ、牛乳、納豆、魚肉ソーセージ、卵、ヨーグルト、まいたけなど

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、人間を含むすべての動物の腸内に存在する善玉菌で、乳酸菌の一つです。
ヨーグルトに含まれるビフィズス菌はビタミンB2、B6やナイアシンなどの合成を助けています。
便秘を防いで有害物質が作られるのを抑制し、下痢を防いだり、腸の働きを活性にして消化・吸収を助ける働きがあるほか、免疫力を高める作用もあります。

▼ビフィズス菌が豊富な食材

ヨーグルト(なるべく無糖のものがおすすめ)

アンチエイジング(老化を遅らせる)【アンチエイジング、老化を遅らせる食べ物/栄養素】

大豆サポニン

大豆のえぐみ(渋み)の主成分、大豆サポニンは抗酸化作用があるため、体内で過酸化脂質が作られるのを抑制します。
大豆サポニンは動脈硬化を抑制するので、高血圧、脂質異常症の予防にもつながります。
肌の老化を防いでくれる大豆の有効成分、大豆サポニンはアンチエイジングや美肌に欠かせない栄養素です。

▼大豆サポニンが豊富な食材

大豆、高野豆腐、納豆、みそ、豆乳、おから、ゆば、枝豆

コエンザイムQ10(キューテン)

強い抗酸化作用があり、細胞膜が酸化するのを防ぎビタミンC・Eを再生させる働きがあります。
コエンザイムとは「補酵素」という意味で、筋肉を動かしたり、内臓を動かしたり、肌の新陳代謝を繰り返す細胞の働きをスムーズにしてくれます。

▼コエンザイムQ10(キューテン)が豊富な食材

種実類、レバー、もつ、牛肉、豚肉、かつお、まぐろ、まいわし

キレイからさがす

美髪抜け毛・薄毛ぱさつき、枝毛フケ、かゆみ白髪)| 美肌肌タイプ別しみ・そばかすしわ、たるみにきび、毛穴・小鼻の黒ずみ)| 美目疲れ目、ドライアイ充血クマ)| 美体むくみ冷え)| 美爪二枚爪薄爪、そり爪ささくれ割れ、ざらざら

トップへ戻る