カルシウム

【カルシウムとは・・・】

カルシウムは人体内にもっとも多く含まれるミネラルです。骨、歯、血液をはじめ体内の様々な部分に含まれます。体内では主に骨や歯を形成する、多くの生理機能を調整する、神経伝達を正常に保つという働きがあります。体内カルシウムの99%は骨と歯に存在します。骨はカルシウムの貯蔵庫で必要に応じてカルシウムを摂り入れたり、血液中に溶出させたりします。

<1日の摂取量の目安> 【成人男性】600~700mg/日 【成人女性】500~600mg/日

不足すると

成長期に不足すると、骨や歯の形成障害を起こします。
そして高齢期には骨がもろくなる骨粗しょう症が多く見られます。
慢性的にカルシウムが不足すると、骨から血液中へのカルシウム溶出が過剰になり、余分なカルシウムが血管などに沈着します。
これをカルシウムパラドックスといい、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病につながります。

摂りすぎると

食事から摂りすぎることはありませんが、カルシウム剤とカルシウムの吸収を高めるビタミンD剤とを併用すると高カルシウム血症となることがあります。
また、一日あたりの上限量を超える摂取が長く続くと、尿路結石などが起こることもあります。

カルシウムを多く含む食品

モロヘイヤ

モロヘイヤ

干しエビ

干しエビ

〈その他のカルシウムを多く含む食品〉

・牛乳 コップ1杯(200ml)カルシウム 200mg
・スライスチーズ 1枚 カルシウム 107mg
・わかさぎ 5尾 カルシウム 360mg
・モロヘイヤ 1/4束 カルシウム 156mg
・ひじき 大さじ1杯 カルシウム 70mg
・干しエビ 大さじ1杯 カルシウム 213mg

レシピトップ

かんたんレシピ

[レシピ監修]セフティライフ

モロヘイヤのミルクスープ

エネルギー 77kcal/塩分 1.7g/カルシウム 128mg(1人分)

<食材> 2人分

モロヘイヤ 1/2束/牛乳 1カップ/コンソメ 1個/水 1カップ/塩 1.0g/こしょう 少々

<作り方>

1. モロヘイヤは包丁でネバネバが出るくらい細く刻む。
2. 水にコンソメを入れ、モロヘイヤを加えて煮る。
3. 牛乳を加えて塩・こしょうで味を調える。

モロヘイヤのミルクスープ写真

ひと手間レシピ

中華風奴

エネルギー 161kcal/塩分 1.4g/カルシウム 353mg(1人分)

<食材> 2人分

木綿豆腐 1丁 /干しえび(ぬるま湯で戻す)大さじ1/きくらげ(湯で戻す)4枚/ごま油 小さじ1/砂糖 小さじ1/塩 少々/青梗菜(3cm幅)1/4株/小ねぎ(小口切り)適量/(A:オイスターソース 小さじ1/酢 大さじ1/2/しょうゆ 大さじ1/2)/いりごま 大さじ1

<作り方>

1. 鍋に水を適量はり、豆腐を入れ、煮立てないように煮る。
2. きくらげは石づきを取り、食べやすい大きさに切る。戻した干し海老は水気を切ってみじん切りにする。
3. 2を小さじ1のごま油でかりかりになるまで炒め、青梗菜も一緒に軽く炒める。
4. 豆腐を皿に盛り2と3をのせ、ねぎとAをまぜたれを作り、添えていただく。

中華風奴写真

レシピボトム

栄養素からさがす

エネルギー | たんぱく質 | 脂質 | 炭水化物 | ナトリウム | カリウム | カルシウム | マグネシウム | リン | | 亜鉛 | | マンガン | ビタミンA | ビタミンD | ビタミンE | ビタミンK | ビタミンB1 | ビタミンB2 | ナイアシン | ビタミンB6 | ビタミンB12 | 葉酸 | パントテン酸 | ビタミンC

トップへ戻る