パントテン酸

【パントテン酸とは・・・】

パントテン酸は水溶性のビタミンB群のひとつで、コエンザイム(補酵素A)の構成成分として働きます。コエンザイムAは体内で非常に多くの反応の補酵素として働いているのでパントテン酸の働きも非常に広範です。

<1日の摂取量の目安> 【成人男性】5~6mg/日 【成人女性】5mg/日

不足すると

幅広く食品に含まれているので、欠乏症はほとんど見られません。

摂りすぎると

摂りすぎによる健康障害は今のところ知られていません。

パントテン酸を多く含む食品

干ししいたけ

干ししいたけ

鶏がら

鶏がら

〈その他のパントテン酸を多く含む食品〉

動物性食品にも植物性食品にも幅広く含まれています。特に鶏肉やきのこはパントテン酸が全般に多い食品で鶏がらだしやしいたけだしには多く含まれ、スープ1杯で1mg前後含まれます。
・子持ちがれい 1切れ パントテン酸 2.65mg
・トラウトサーモン 1切れ パントテン酸 1.89mg
・鶏ささみ 2本 80g パントテン酸 2.46mg
・ひらたけ 1/2p パントテン酸 1.20mg
・干ししいたけ 1個 パントテン酸 0.39mg
・鶏がら 100g パントテン酸 0.64mg

レシピトップ

かんたんレシピ

[レシピ監修]セフティライフ

しいたけのリゾット

エネルギー 411kcal/塩分 1.7g/パントテン酸 1.77mg(1人分)

<食材> 2人分

精白米 100g/干ししいたけ 8個/オリーブオイル 大さじ2/白ワイン 50ml/干ししいたけ 戻し汁 100ml/熱湯 400ml/塩 小さじ1/2/パルミジャーノ 適量/イタリアンパセリ 適量/仕上げオリーブオイル 適量

<作り方>

1. 鍋にオリーブオイルを熱し、米を洗わずに炒め、薄切りにした干し椎茸を加え香りよく炒める。
2. 白ワインを加え水分をとばし、熱湯200ml、干ししいたけの戻し汁、塩を加え沸騰させる。
3. 弱火にして煮立てときどき混ぜながら、途中水分が少なくなったら残りの湯を4~5回に分けて加える。
4. 器に盛り、パルミジャーノをのせオリーブオイルを仕上げにかける。イタリアンパセリを飾る。

しいたけのリゾット

ひと手間レシピ

ビシソワーズ

エネルギー 372kcal/塩分 1.1g/パントテン酸 1.82mg(1人分)

<食材> 2人分

鶏がら 1羽分/ニンニク 1片/玉ねぎ 1個/じゃがいも 2個/バター 5g/水 900cc/生クリーム 200cc/バター 10g/塩 適量/白こしょう 適量/パセリのみじん切り ※鶏がらの首の肉は皮と身に分けて、適当な大きさ(3cm程度)に切っておく。

<作り方>

1. フォン(出汁)を作る。鍋に鶏がらを入れて中火で炒め、皮がキツネ色になり脂が染み出てきたら、包丁の腹で潰したニンニクと鶏がらを入れて、こげ色が付く程度まで炒める。
2. 1に水を全て入れ、沸騰直前まで中火にし、沸騰しそうになったら極弱火にして30分ほどあくを取りながら煮込む。出来たフォンを濾し、器ごと冷水に漬けて冷す。
3. 玉ねぎを薄くスライスして、フライパンでしんなりとするまでバターで焦がさないように炒める。半透明になったら、ジャガイモは5mm角に切って半透明になるまで炒る。
4. 冷めたフォンに3を入れて極弱火で20分ほど煮る。温かいうちにミキサーにかけ、さらに、裏濾し器で裏漉しする。
5. 4を鍋に戻し、生クリームをまぜ、極弱火に、冷たいバターを入れて溶かす。
6. バターが溶けたら塩・白コショウで味を調える。
7. 冷蔵庫に入れて荒熱を取り、パセリを飾る。

ビシソワーズ

レシピボトム

栄養素からさがす

エネルギー | たんぱく質 | 脂質 | 炭水化物 | ナトリウム | カリウム | カルシウム | マグネシウム | リン | | 亜鉛 | | マンガン | ビタミンA | ビタミンD | ビタミンE | ビタミンK | ビタミンB1 | ビタミンB2 | ナイアシン | ビタミンB6 | ビタミンB12 | 葉酸 | パントテン酸 | ビタミンC

トップへ戻る