手足の冷え

【症状とその原因】

手足の冷えは、ホルモンバランスの乱れやストレス等、無理なダイエットなどによって起こります。
ホルモンバランスが乱れると自律神経が乱れ、血管の収縮と拡張の調節がうまくできなくなり末梢血行障害が起こります。
そのため、手や足の細い血管の血液の流れが悪くなってしまい冷えが生じます。
また年間を通して、快適な温度が保たれた冷暖房がきいた室内で生活をしていると、体温調節機能が衰えることからも起こります。

【手足の冷え防止にいい食べ物/栄養素】

冷え対策には、体を温める食材を意識的に摂る事が効果的です。
例えば生姜や玉ねぎ、ねぎやにんにくなどの香味野菜や、唐辛子やカレー粉などの香辛料がその代表です。
エネルギーは主に身体の筋肉で作られているので筋肉の発育が悪いと「冷え」を感じやすくなります。
身体をつくるたんぱく質や血行を促進する働きがあるビタミンEをうまく摂り入れていくようにするといいでしょう。

PickUp!!栄養素

たんぱく質

たんぱく質は体の骨格や筋肉、皮膚、毛髪、内臓などあらゆる組織を構成する材料となります。
たんぱく質は、アミノ酸が多数結合した高分子の化合物です。
人間の体のたんぱく質を構成するアミノ酸は20種類あり、その種類や量・組み合わせによって性質や働きのことなるたんぱく質が作られています。
たんぱく質は1gあたり4kcalのエネルギーを産み出します。

▼たんぱく質が豊富な食材

うなぎ、まぐろ、かつお、豚もも肉、ラム肉、さば、木綿豆腐、納豆、大豆、卵など

ビタミンE

抗酸化作用のあるビタミンEは抹消血管を拡張させ血流をよくする効果もあるので、女性に多く見られる血行不良から来る冷え性や生理痛、肩こりなどの不調の改善も期待されます。
また、ドロドロ血を防いで、血液をさらさらに保ち、動脈硬化や心筋梗塞などの予防にもなります。

▼ビタミンEが豊富な食材

うなぎの蒲焼、サーモン、ツナ油漬け、モロヘイヤ、赤ピーマン、かぼちゃ、ごま、ひまわり油など

症状からさがす

頭が痛いめまい、立ちくらみがする | 貧血 | 目の疲れ、眼精疲労 | 首、肩、腰のコリ | 膝、関節の痛み | 手足の冷え | 手足のむくみ | 胃痛・胃もたれ・胸やけ(飲みすぎ、食べすぎ) | 二日酔い | 食欲不振 | 便秘、下痢 | ストレス、イライラ | 疲れやすい、だるい

トップへ戻る